Present-Giving

引き出物を渡すなら|選び方やマナーを要チェック

選ばれているお菓子

品物選びは早めに着手

女の人

新郎新婦は、披露宴に来ていただいたゲストの方々に、引き出物として引き菓子を用意するのが一般的です。では、どのような引き菓子が選ばれているのでしょうか。披露宴のゲストは、老若男女いらっしゃいます。また、親族から職場関係、友人関係など様々な立場の方がいらっしゃいます。当然ながら、ゲストのお好みもそれぞれ違ってくるでしょう。そんななか、少しでも多くの方に喜んでいただける引き出物にしたいと考える方には、和洋折衷の複数のお菓子が入った詰め合わせが人気かと思われます。また、新郎新婦の自己紹介を兼ねて、それぞれの郷里のお菓子を引き出物とする人、二人の思い出のお菓子を選ぶ人もいらっしゃるでしょう。新郎新婦の人柄が伺えたり、個性が感じられますね。親族向け、職場関係向け、友人向け等、ゲストの立場や年代に応じて、引き出物を贈り分けする方もいらっしゃるかもしれません。この場合は、贈り先に合った引菓子を用意しやすくなります。親族や職場関係向けには、しきたりや礼儀を重んじて、有名菓子店のお菓子を選んだり、バームクーヘン等の定番の品を選ぶ人が多いように思います。友人向けには、クッキーやケーキなど若い人に人気のお菓子にしたり、おしゃれなお店のお菓子も良いかもしれませんね。いずれの場合も、ゲストの方のアレルギーの有無、日持ちしやすいか、持ち帰りに便利か(大きすぎたり、重すぎたりしないか)も確認したほうがよいかと思います。新郎新婦がゲストのためを思って選んだ引き出物ですから、きっと喜んでもらえると思います。

一つに絞る必要はない

着物の女性

結婚式などの祝い事では招待客に配るための引き出物も欠かせませんが、同じ品物でも相手によって歓迎される場合とそうでない場合があります。貰って喜ばれる品物は性別や年代によって違ってくるため、引き出物を贈る側では品物選びにも苦慮することが多いものです。最近では貰った人が自分で品物を選べるカタログギフトの採用例が増えている一方で、相手の性別や年代・家族構成に応じて贈る品物を変える贈り分けも多くなっています。食器類は引き出物の中でも最もポピュラーな選択肢で、ギフト店では皿や湯呑み茶碗・鍋・箸などさまざまな品を取り扱っています。贈り分けをする際にはそうした食器類でも男性には渋めのデザインを選び、女性にはおしゃれなデザインや可愛いデザインの品が選ばれているのです。お酒の好きな人にはビアグラスやワイングラスなどを贈ると喜ばれ、家族の多い人には大皿や食器セットが適しています。どのような品物でも職場の上司には高級感のあるデザインの品を選び、同僚や友人には実用的な雑貨や家電までが選択肢に入ってくるものです。引き出物を単品で済ませる場合は選ぶのにそれほど時間がかかりませんが、贈り分けをする場合は数ヶ月単位で日程に余裕を持たせるといいでしょう。利用するギフト店にも早めに相談をして検討を始めていれば、贈る相手に合わせた納得の品々を選ぶことができます。最近ではインターネットでも通常のネット通販と同じ感覚で引き出物を選べるギフト店が増えており、贈り分けをする際にも便利になりました。取扱商品の多いギフト店ほど多彩な品々の中から最適な一品を選べるため、引き出物の贈り分けをするのに役立ちます。結婚式の印象は披露宴の演出や料理ばかりでなく、持ち帰る引き出物によっても大きく左右されるものです。貰ってうれしい品物を引き出物に選んで贈り分けるためにも、品揃えの豊富なギフト店が多くの人に利用されているのです。

引き出物というと、結婚式や出産祝いなどのお返しに送る場合が一般的です。結婚式を代表に考えてみますと、今までは引菓子とマグカップなどの食器類などがメジャーでした。しかし近年はお祝いの金額を想定してカタログギフトを選ぶ人も増えています。相手が欲しいものを考えるよりも、相手が欲しいものを選んでくれた方がいいという考え方です。また、カタログギフトにする事で遠方からのゲストが重くならないというメリットもあります。なんだか自分たちらしい贈り物がしたいと思う方も少なくないでしょう。そういった場合は、個性を出す場所を1つに絞る必要はないのです。引き出物としてはカタログギフトを選びゲストに対して配慮を行います。一方で、引菓子や座席プレートなどで個性を出してみてはいかがでしょうか。引き出物はギフトだけではなく、全てを総称しして引き出物と言うのだと考えてみるといいでしょう。座席プレートを小さいワインで自分たちオリジナルのラベルを使って作ってみても素敵です。引菓子にこだわりを持ってみてもいいでしょう。ゲストの感動は至る所に散らばっています。こう考えれば引き出物をカタログギフトにするのは味気ないとは思えないものになります。昭和の時代にはよく目にした結婚する二人の名前を入れた物は最近ではあまり適した引き出物とはされません。また、仏事でのお返し(香典返し)も引き出物と呼ばれることがあります。この場合は、どんな人でも複数あっても困らないものを選ぶといいでしょう。お茶やお砂糖などがよく用いられます。タオルやハンカチなどもいくつあっても困らないものとしてよく用いられます。

人気の品物を渡す

ギフト

人気がある引き出物は、カタログギフトです。自分の好きな物を選ぶことができるという点で、喜ばれるギフトとなっています。他には、食器類やキッチングッズ、バス用品やタオルも人気があります。持ち帰ることを考えれば、重さなども検討する必要があります。

もっと読む

選ぶ時に気を付けたいこと

婦人

引き出物は、ご夫婦で出席して下さった方には一人で出席して下さった方よりも金額が高いものを選ぶようにします。カタログギフトを選ぶ場合には、システム利用料がかかることを考慮に入れて、金額の選定をしていくのがおすすめです。

もっと読む

選ばれているお菓子

女の人

新郎新婦が、引き出物として引き菓子を用意するのは一般的です。どのようなお菓子が選ばれているのでしょうか。和洋折衷菓子の詰め合わせ、新郎新婦の郷里の菓子、有名菓子店の菓子や、バームクーヘン等定番菓子が人気かと思われます。新郎新婦が心を込めて選んだものですから、きっと喜んでもらえると思います。

もっと読む