Present-Giving

引き出物を渡すなら|選び方やマナーを要チェック

選ぶ時に気を付けたいこと

気持ちの伝わる贈り物を

婦人

結婚式の引き出物は、出席して下さった方への感謝の気持ちを込めてお渡しする品物です。それだけに、贈った方々に喜んで頂けるものを選んでいきたいものです。またカップルによってはご祝儀をもらった金額別に分けて、これよって引き出物の品を変える事例も増えているようです。また、贈られたゲストが好みのものを選ぶことができるカタログギフトが引き出物の商品としても定番になってきています。披露宴にご招待したゲストへの引き出物の考え方として、一人で出席した方よりもご夫婦で出席した方々のほうに、金額が高い引き出物を渡すのが通例とされています。カタログギフトの場合は、品物の代金以外にシステム利用料がカタログ代金に含まれています。そのため、実際の商品は、システム利用料を差し引いた金額となります。例えば3000円のカタログで500円のシステム利用料がかかる場合は、実際に贈る商品は2500円相当のものとなります。友人などに贈る場合に選ばれることが多い3000円では、カタログギフトとは言えども欲しいものが無い、という場合も想定できます。そのため、本来贈りたい品物の料金にシステム利用料を足した金額のものを選ぶと良いでしょう。カタログギフトにはさまざまな種類があり、食べ物だけ、雑貨だけなどというユニークなものもあります。年代や性別、既婚か未婚化など贈る方の属性に合わせて喜んで頂けるものを選んでいくようにしましょう。またネットでは引き出物の人気ランキングなどが紹介されているので、そちらも併せて参考にするのがおすすめです。

贈る側のことを考える

プレゼント

引き出物を選ぶ際、新郎新婦の名前を入れてみたり、記念に残るような食器を用意するものです。引き出物自体にそういったイメージがつきまとっているので、選びがちですが実際はあまり喜ばれていないこともしばしばあります。また、せっかくの引き出物だからといってあまりにも新郎新婦のこだわりを押し付けるのもよくありません。ただ、これが正解だという引き出物はありませんので、あくまで贈る側のことを一番に考えて選ぶというのがポイントです。例えば、日常品として使用できるものはいつの時代も喜ばれます。食器類は持っている人も多いですし、持ち帰るのも重たくかさばります。そのため、おしゃれな柄のタオルであったり、ケーキの形をしたタオルだと非常に使いやすく喜ばれます。また、参列者を限定しているのであれば、それぞれに合わせた品物を選択するともらった側は自分のことを考えてくれていると思って喜ばれます。また、手軽に帰って欲しいという思いがある場合は、カタログギフトを選ぶのも一つの手です。自分の趣味を押し付けたくない、決めるのが大変という場合は非常に重宝します。基本的に、全員が確実に喜ぶものを準備するということは難しいものです。ならばいっそ、カタログギフトを贈って、それぞれに自分の好きなものを選んでもらう方が良いでしょう。カタログギフトの良い点は、好きなものを選べるという以外にも、持ち帰りが楽だという点が挙げられます。特にご高齢者や子連れの参列者にとって、かさばる重たい引き出物を持ち帰ることは難しいので、一冊で済むカタログは誰からも喜ばれるでしょう。カタログだけでは味気ないという場合には、お菓子などの消え物を添えるなど、引き出物は参列者の気持ちを考えて選ぶことが大切です。

どのようなものを選ぶか

風呂敷

結婚式や披露宴に双方のご家族を招待するほか、あるいは、友人や会社の上司を招くこともあるでしょう。そのとき、ご祝儀として祝い金をはじめ、様々な物品が贈られることは少なくありません。そのお返しとして、引き出物を贈ることが習慣となっています。引き出物とひとくちにいっても、どこで買うか、いくらにするか、など様々です。とりわけ人気なのはカタログギフトで、普通のお店ではあまり取り扱いのない品物が喜ばれる傾向にあります。日用品から食品、衣類など、幅広い選択肢があることも魅力の一つです。一方で、生まれ育った地元、あるいは結婚生活を行う新天地にちなんだ引き出物が選ばれることも少なくありません。金額の相場としては、招待客に提供する飲食費の三分の一が適当とされていますが、会社の上司を招待した場合などではその限りではありません。また少数ではありますが、安価なものを引き出物にしつつ、手書きのメッセージカードを作成し、日頃の感謝をそれぞれに宛てて書く場合もあります。引き出物を選ぶ上で忘れてはいけないことが、お世話になった方々、またご祝儀を下さった方々に応える気持ちです。そのため新郎・新婦がよく相談して決めることが最も重要と言えるでしょう。通常、引き出物は結婚式場から紹介される業者を通して用意することになりますが、自分で手配したい場合にはインターネット通販で購入することもできます。結婚式場に持ち込むこともできますが、そのまま各招待客の自宅に配送することもできるので、重たいものや割れ物を引き出物に選んでも安心です。

人気の品物を渡す

ギフト

人気がある引き出物は、カタログギフトです。自分の好きな物を選ぶことができるという点で、喜ばれるギフトとなっています。他には、食器類やキッチングッズ、バス用品やタオルも人気があります。持ち帰ることを考えれば、重さなども検討する必要があります。

もっと読む

選ぶ時に気を付けたいこと

婦人

引き出物は、ご夫婦で出席して下さった方には一人で出席して下さった方よりも金額が高いものを選ぶようにします。カタログギフトを選ぶ場合には、システム利用料がかかることを考慮に入れて、金額の選定をしていくのがおすすめです。

もっと読む

選ばれているお菓子

女の人

新郎新婦が、引き出物として引き菓子を用意するのは一般的です。どのようなお菓子が選ばれているのでしょうか。和洋折衷菓子の詰め合わせ、新郎新婦の郷里の菓子、有名菓子店の菓子や、バームクーヘン等定番菓子が人気かと思われます。新郎新婦が心を込めて選んだものですから、きっと喜んでもらえると思います。

もっと読む